スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じるものは救われる。

9月17日土曜日午前3時、
いつものごとくレッド宅に集合し三田へ向かう。
午前4時半、青野ダム着。
すでに、駐車場には数台の車が夜明けを待っている状態。
俺ら同様、みなさんも気合いが入ってる様子。
とりあえず、車を出ると一段と秋が近づいてることを示す肌寒さ。
前回より遅い夜明けも手伝って季節の変化を車内にいても感じられる。
午前5時半をまわるころ魚釣りスタート。
レッドの言ってたとおり前回よりも増水してることを確認しつつ、
気になっていたポイントからスタート。
午前6時過ぎ徐々にあたりがうっすら明るくなりはじめるころ、
水面がざわつきだした。いたるところでボイルが始まる。
自信のあるルアー、バズベイト、スピナーベイト、ラバージグ。
どれからいこうか迷いつつ、
「ハマラバージグSURINUKE-7g」+「トレーラーにボケワーム」を選択。
あせる気持ちをおさえつつ丁寧にポイントへラバージグをキャストしていく。
すると、

ゴン!

いつもながら、ラバージグ用の固いタックル特有の気持ちいいあたり。
村上晴彦ばりに腰をいれて合わせると、とてつもない引き。
フロロの12ポンド + ミディアムヘビーの竿 ということもあり
パワーにまかせて強引にひきよせると
なんと、今期最大45cmのバス↓こいつを釣り上げました。
050917_45cm03.jpg

とにかく、引きました。あの感覚、ほんと最高です。
ミディアムヘビーの竿がライトの竿のように弓なりでしたよ。
フロロ12ポンドが腕の足りなさをカバーしてくれました。
で、その後、ラン&ガンで次々ポイントを変えつつでかいのを探す。
たまに、なんでもいいから釣りたいなぁとスピニングに変えると
ピクピクと小さいのは釣れるけど、でかいのがこない。
こうなるとやっぱり信じるラバージグをやってしまう。
沖へ思いっきり遠投し、時間をかけて底まで落としボトムを取りつつ
我慢の釣りに徹すると、またもや、

ゴン!

おもいっきり合わせて巻き始めると、またもやナイスな重さに引き。
一気にロッドのティップが引き込まれる。
サイズアップへの期待に浮かれているとすっぽ抜けてしまいました。
合わしたつもりが掛かってなかったんでしょうね。
見える範囲で10m以上の距離、合わせがバスまでは伝わっていなかったのか?
一瞬、思い出したのが村上晴彦のビデオ。
「でかいバスはホールドすることができるから掛けたつもりでも掛かってないことがある。」
ようするに、でかかったはず、相当、村上晴彦ビデオ級に・・・・。
「うそやぁ~ぁぁ~~ん」ってため息をつき、自分の未熟さに泣いてると
レッドから朝一釣行の終了を言いわたされ、
車へもどり、いつものファミマ行き朝食をとる。これが7時半くらいでしょうか。

そこから、青野ダムには戻らず新たなフィールド探しの旅にでる。
最終、三田周辺+大阪往復だけで走行距離200キロ越え。
結構ハードな野池探しの旅だったことをうかがえるでしょう?
ときには↓こんなことになったりもしました。
050917_CEDRIC.jpg

ときにはあぜ道、木々で出来たトンネルの中も走りました。
「俺は四駆ちゃうんやけど」って言う愛車の悲鳴をききつつ
がんばって探したかいあって、またも見つけました秘密の野池。
ここ↓
050917_himitsujpg.jpg

この写真をとった箇所以外は360度オールカバー。
フローター用の池ですね。
小さいけど魚影は濃い。ライトタックルで数釣りするのに向いてると思いました。
それでも、でかいの釣りたいんでラバージグで狙う。
カバーの下、いいとこ入ったなぁと思ったら、またもや、

ゴン!

こいつ、↓。きれいな30センチのバスが元気よく喰ってくれました。
050917_30.jpg

小さいわりにはよく引きましたよ、こいつ。
その後、このフィールドで5匹ほど釣り、新たなフィールドへ。
結構な数の池、魚影も確認したけど、二人ともでかいの釣りたいってことで、
午後3時頃、再び青野ダムへ戻り釣りを開始。
1時間ほどしてパラパラっと雨が降ったこともあり魚の反応はいい。
でもでかいのは釣れない。
やっぱし、これしかないかぁとラバージグタックルを手にとり勝負に出る。
とにかく根気がいるんですよね。
見えるストラクチャではなく、沖へ投げて底を探る。
魚探でどうこうのボートの釣りをする時ならいいけど、
オカッパリでそれやってたら、ただの時間の無駄遣い。
レッドなんて、「そんなんで釣ってるなんておかしい」とか言いますしね。
自分でもドキドキなんですよ、だって見えないとこで釣ろうとしてんだから。
まさに想像の世界。
たぶん、水中カメラがあるわけでじゃないんやから十人十色の水の中。
頭の中を自分の都合の良い空想で一杯にし、
神経を集中し指先でボトムを感じることに徹する。
すると、何があるかまではわからんけど変化のあるところを発見。
一度回収すると、ラバージグにからみつくウィード。
もう一度遠投しそのラインのボトムをトレースすると、
さっきのその場所あたりで

ごん!

朝のこともあるんで腰を入れて一回合わし、さらにもう一回。
すると、最後にコイツ↓43センチ、釣ることができました。
050917_43cm01.jpg

で、ここでも、いい感じに数を釣り終了。

その後、野池探しで傷ついた体を癒すため花山の湯へ行き、
温泉につかりバナナ牛乳を飲み、下新庄のとあるお好み焼き屋へ向かい、
「トンペイ定食」で日常で傷つき疲れた心を癒す。

泣きそうになるぐらいうまいんです。

たかが「とんぺい」やろって思うでしょ。うまいんです、ほんと。
おばちゃん3人、いつまでもがんばってね。
レッド、jap、emon、teppei、俺の5人よりも長生きしてください。お願いします。

とまぁ、こんな感じで2週間ぶりの魚釣りが終了しました。
今回はとにかくハードな釣り。
子供でもこんなに傷だらけにならんやろうってくらいあちこち擦り傷だらけ。
突然でかいクモの巣にからまってみたり、
トゲトゲの枝であちこち傷だらけになったり。
上半身に気を使ってると突然足下にでかい溝があったり、
道のないとこ、前の見えないとこ、進むのは気持ち悪く怖いし怪我もする。
でも、それに比例するように水辺にたどり着いた瞬間の喜びときたら・・・・。
ましてや、そこで釣れた日にゃぁ・・・・。
何もなければただのアホなんですが、

時には、自分の感覚を信じてつきすすめばええやん!
で、進んだからには自分を信じてやりきり結果を出す。

それがいい時もあるんですよね。最後にちょっと自分の仕事にも言いきかせてます。
来週はレッドが家庭の事情にて無理ってことで2005年9月の釣行はこれが最後。
俺らのパターン的に残すは10月、11月の2ヶ月のみ。
数にしてフルに行ったとして9回。
三田の秋、青野の秋。行き帰りに見る紅葉もなかなかのものです。
魚釣りだけではなく、いろんなことを感じ楽しみたいな。
スポンサーサイト

ジャンル : スポーツ

テーマ : フィッシング(釣り)

コメント

まさか、自分たちで倒れ木を横に移動させつつ進むとはね。
ブラックのことを思うなら、
大阪の南の方まで背中を流しに来てくれてもええんやで。

団魂世代のブラック

とにかく、ブルーとブラック、特にブラック、お前は
よくがんばった。ブルーとレッドの無茶なリクエスト
に応えつつ、地図上に点在する三田の野池の6割は制覇
したかな?!時には、倒木の倒れている四駆しか通れない
山道、完全に車両1台分の田んぼのあぜ道、どうみても
君の姿はオンロード。しかも風貌は、殺し屋。その姿を
みた、地元人は間違い無く、不審車両扱い。その冷たい
目線に負けず、高音のブレーキ音を残し、よくがんばった。

表ではブラックを馬鹿にしてるかもしれんが、感謝してるん
だから・・・・笑。本当は、彼も温泉につかりたいはず。

しかしね、あの帰り道にあった、宇宙からの落とし物は何
やったんか、気になるわ。状況を説明しますと・・・・・
道の真中に、約1.5m程度の大きな箱が落ちていました。
誰か、まちがいなく破壊してるだろうね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


青野釣行記9

うーん、秋になってきました。バス釣りをする人間にとっては、首を長ーくして待ってた季節が到来!バスにとっても心地がいいし、何しろあの全てのやる気を失う暑さから解放される


| TOP |

プロフィール

blitz

  • Author:blitz
  • FC2ブログへようこそ!
    みんなのプロフィールSP

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。